保育の特色

わたなべ幼稚園では、「四つの柱の保育」として「知育」、「徳育」、「食育」、「体育」を中心に実施しています。

知育

植物を育て、虫を観察したり、物を比べたり、疑問に感じたり、 子どもにとってすべてが遊びの延長線にあります。一人一人の興味関心を育て、疑問を感じて思考する姿こそ子どもの力になっていきます。その力を最大限に引き出して行けるようにします。

徳育

幼児教育の経験を持つ明るくおおらかな保育者が、恵まれた幼児教育環境と、施設・設備の中で幼児の性格・個性を十分に理解し、集団生活の場で、それぞれの自主性、協調性を培い、豊かな情操、個性を持つ子どもに育てます。

食育

東京聖栄大学附属の本園は、完全給食のできる給食調理室が完備されています。本学園の経験豊富な栄養士の手により、衛生面の行き届いた、調理したての「栄養のバランスのとれた食事」を提供しています。

また、全てのアレルギーに対応できるわけではありませんが、食物アレルギーをお持ちのお子様には除去食の提供も実施しております。

>>給食についてはこちら

体育

幼児体育を研究している専門の先生の指導により、身体を動かしてあそぶ楽しさがわかり、健康で明るい元気な子どもを育てます。

PAGETOP