本園の概要

本園の概要

本園の概要

学園創立30周年記念事業の一環として、学園理事長渡邉富久子によりわたなべ幼稚園が発足しました。

昭和52年4月
聖徳栄養短期大学附属わたなべ幼稚園発足。学園理事長 渡邉富久子が園長を兼務。
平成13年4月
渡邉富久子園長逝去、従5位を追叙される。なお、生前の教育功労により昭和62年 勲3等瑞宝章を受章されている。副園長 戸塚淳子が園長に就任。
平成17年3月
園長 戸塚淳子が退任。
平成17年4月
園長補佐 萩原和代が園長に就任。聖徳栄養短期大学より東京聖栄大学となる。
平成19年5月
学園60周年・本園30周年を迎える。

保育方針

本園の概要

本園は学園創立者、渡邊富久子理事長・学長が「心も体も健やかに」「幼児期の情操教育」の理念の基に開園した幼稚園です。 幼児期は一生を通じての人間形成の中で、その発達が最も著しい時期です。したがって、幼児期の教育が大変重要になってきます。

本園では徳育・食育・体育を通じ、幼児の健康づくりに重点をおき、食生活と体育により、心身の成長発達を助け、 明朗快活でおおらかな子どもになるよう、それぞれの個性と自主性を育て、よりよい人間形成の基礎を培うことを保育方針としています。

保育目標

健康で明るく元気に遊ぶ

本園の概要

友達との遊びの中で、喜びや悲しみがわかるような感性を培い、思いやりの心や協調性を育て、工夫したり、作り出す喜びを感じられる子どもにします。

よい生活習慣を身につけ、自分のことは自分で行い最後までやり抜く

本園の概要

幼児期の生活習慣は大変重要です。生活習慣の確立がお子さんの自信にもつながり、自分のことは最後までやり抜く力を培います。

身体を十分に動かして遊ぶ楽しさがわかる

本園の概要

身体を使うことにより、自主性、ルール、などが育ち、幼児期の健康づくりを培います。

本園の特色

よい環境の中での教育

制服 冬

制服 夏

幼児教育の経験を持つ明るくおおらかな保育者が、恵まれた幼児教育環境と、施設・設備の中で幼児の性格・個性を十分に理解し、集団生活の場で、それぞれの自主性、協調性を培い、豊かな情操、個性を持つ子どもに育てます。

給食

東京聖栄大学附属の本園は、完全給食のできる給食調理室が完備されております。本学園の経験豊富な栄養士の手により、衛生面の行き届いた、調理したての「栄養のバランスのとれた」食事を提供しています。また、 全てのアレルギーに対応できるわけではありませんが、食物アレルギーをお持ちのお子様には除去食の提供も実施しております。

>>給食について

幼児体育

本園の概要

幼児体育を研究している専門の先生の指導により、身体を動かしてあそぶ楽しさがわかり、健康で明るい元気な子どもを育てます。

PAGETOP